検索フォーム
現在のようこそ:
QRコード
QR
プロフィール

にこにこ(*^_^*)mm

  • Author:にこにこ(*^_^*)mm
  • 気づけばタマゲタっ…51歳(笑)
    そろそろ疲れを隠せませんっww
最近の記事
フリーエリア
パレード
4907953033023_1MX.jpg


『パレード』(2010年)

監督:行定勲
原作:吉田修一
出演:藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介



行定監督やし…配役人は好きっぽい人多いし…
と、期待して観たんだけど。。。。どうやろ。。。


現代の若者の内面に宿る“モラトリアム”をテーマに、マンションでうわべだけの共同生活を送る
若者たちの日常が新たな同居人を加えたことで徐々に歪んでいくさまとその顛末を描く。

なんか変な世界感やね。


とは言え、藤原竜也くんの魅力は感じますね。
あまり褒めようのないストーリーの中にもキラリ


ところで「モラトリアム」って何?

って、ちょっと調べてみたら「遅滞」だって。
心理学的には「自我同一性」(アイデンティティ)の確立を先延ばしにすること。

おぉぉ~「自我同一性」といえばエリクソン。
今期の試験範囲やん!!
エリクソン、ハーヴィガスト、フロイト、ピアジェ…発達理論にはおなじみの方々です。
…って、みなさんは普通にご存知かな。
(息子kunは全員のこと詳しく知ってた。高校で習うのね)
(まぁ~私は当たり前に全く知らなかったけどネ


「自分らしさ」「私はこういう人間である」
自分が自分であることを確信することを「自我同一性」が成形されたといいます。
反対に「自分とはいったい何だろう」と迷うことを「同一性拡散」といいます。

思春期から青年期にかけてこの自我同一性が発達しなければ次の段階へと発達出来ないと
エリクソンは述べてますが…

「モラトリアム」とはその発達段階を先延ばしにすることみたいです。

ただ、「モラトリアム人間」と言われるちょっと悪いイメージではなく
人生の重大な決定をする前に、いろいろと考えたり、試したりして、
その結果、より良いアイデンティティの確立ができれば、それは良いことになる場合もあるみたいですね。

アイデンティティの確立とは、時に他の可能性を切り捨てることになるので、とても辛い作業ともいえます。
勇気をもって捨てなきゃいけないものもたくさんあるしね。

だから、アイデンティティの確立を先延ばしにするモラトリアムがあるそうです。
昔の社会なら、とっくに社会の一員としての責任を追わなくてはならない年齢になっても、
もうすこし準備期間を長くしようというわけです。

いい言葉がありました。

可能性を切り捨てるとは、ただ何となくあきらめるのことではありません。
意思をもって断念し、別の新たな一つの道を選び取る作業です。



なんか映画の話から離れちゃいました


そういえば「自我同一性」についての小論文的なテスト…まだ返ってきてないな。
評価どうやろぉなぁ~。



my星 .5
映画・本 №10(年間鑑賞数)

スポンサーサイト








映画・ドラマ・本
2011/02/27 【Sun】00:16
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []




PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://miki1011.blog11.fc2.com/tb.php/3734-3b2207de
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ママのおすすめ(愛媛より)

■Le,Bonheur(ル・ボヌール)
P10008781.jpg
友達のしてる松山のエステ♪
安心して通って絶対大丈夫♡
オススメです~

■司 TSUKASA
司TSUKASA 
宇和海料理!お勧め♡

■宮本塗装工業
宮本塗装工業
塗装防水は何なりと!

■トロール市
トロール市
新鮮魚「全国発送」します!

■「T-ka」
T-Ka
親切丁寧・散髪屋さん
 

最近のコメント

Copyright © 2005 ママの絵日記 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2