検索フォーム
現在のようこそ:
QRコード
QR
プロフィール

にこにこ(*^_^*)mm

  • Author:にこにこ(*^_^*)mm
  • 気づけばタマゲタっ…51歳(笑)
    そろそろ疲れを隠せませんっww
最近の記事
フリーエリア
日本だけの悲しい言葉…
P1000853.jpg

後期試験3週間前。。。教室も試験ムードです!!

なんか気合い入ってます。

そんな空気に押されて私も…やらなきゃ。。。
でも…気になることや心配事が多いこの季節。なかなか集中できません
どうもこうも落ち着かないっ


今日から汽車の中で読み始めた本をご紹介します

社会福祉系の先生のお勧めの本です。

『「寝たきり老人」のいる国 いない国』

この本は20年ほど前に書かれたもので、
もちろん当時と今では福祉の法律も環境も、、、一番に考え方が変わっています。

でも当時と比べてどの程度変わったのでしょうか。


「寝たきり老人」

この聞きなれた言葉は日本特有の日本でしか通じない言葉なんですよ。
そう、「すきやき」とか「寿司」とか「カラオケ」と同じようにね。

なぜなら…福祉のすすんだ北欧には「寝たきり老人」がいないから。

内容は、著者の大熊さんが1985年に朝日新聞の一面に書いた記事のさわりから始まります。

「高齢者社会の先輩国には『寝たきり老人』に対応する日常語がない。
日本でなら寝たきりになっている人々が、
ここでは、車いすに乗り、歩行器を使って『歩いて』いた。」



残念ながら日本にはまだ「寝たきり老人」と呼ばれる高齢者の方がおられます。
QOLの向上や自立、尊厳…ICFの考え方も浸透してきています。
個別ケアが中心になった今は当時と比べるとずいぶん変わったのだろうと思います。

でも…全然違う。



まだ前半しか読んでいませんが…
北欧の高齢者の方々の生活をみているとなんか辛くなってきます。
あまりにも違いすぎて。。。

大好きで大事な、ばぁちゃん達みんなに、こんな生活を送ってもらいたい。
こんなふうに笑って欲しいって
たくさん記載されている写真を見ながら…悔しい気持ちでいっぱいになります


「寝たきり老人」が死語になる日が一日でも早くくるといいな。


何よりも足りない、北欧や西欧との大きな違いは人手。まったく違います。
日本とはケタが違います。
1万人に対して400人のヘルパーさんのいる街もあります。
八幡浜の人口が4万としたら、ヘルパーさんが1600人ですよ。(それも20年前で)



準備が始まった研究論文。1年かけて書かなきゃいけないんだけど…
テーマがなんか見えてきた気がします。


試験勉強も広範囲やし…そろそろ気合い入れなきゃ間に合わんなぁ。。。はぁ~
落ち着かないっ


先日の講演の言葉

「長生きしてよかった」と思える社会は「生まれてきてよかった」と思える社会

大事にしよう。
スポンサーサイト








お仕事(学生)
2011/01/24 【Mon】20:45
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []




PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://miki1011.blog11.fc2.com/tb.php/3699-4510c086
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ママのおすすめ(愛媛より)

■Le,Bonheur(ル・ボヌール)
P10008781.jpg
友達のしてる松山のエステ♪
安心して通って絶対大丈夫♡
オススメです~

■司 TSUKASA
司TSUKASA 
宇和海料理!お勧め♡

■宮本塗装工業
宮本塗装工業
塗装防水は何なりと!

■トロール市
トロール市
新鮮魚「全国発送」します!

■「T-ka」
T-Ka
親切丁寧・散髪屋さん
 

最近のコメント

Copyright © 2005 ママの絵日記 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2